プロミス学生

プロミスなら学生でもお金を借りれるがその条件とは?

 

無利息サービスもあるプロミスで学生が申込む条件をクリアするには?

学生でもプロミスに申込む事ができますが、クリアしなければならない条件があります。それは、

  • アルバイトで安定収入があること
  • 年齢が20歳以上である事

以上の二つをクリアすれば学生でもプロミスに申込む事ができます。が、どこでもいというわけではありません。学生のアルバイトとなるとやはり収入は少ない。そうすると安定収入があっても銀行プロミスなどでは審査に通りにくいのです。ですので

  • 銀行カードローンの保証会社もしている
  • 審査能力の高い

大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが学生に適しているといえます。

学生のカードローンに適している大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

学生にはありがたいプロミスの無利息サービス

 

 

プロミスでは初回30日無利息サービスが受けられて学生にもありがたいですよね(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)。


 

学生が初めてカードローンを利用するなら初回30日無利息サービスがあるので断然プロミスがお得です。他のカードローンを利用していてもプロミスが初めてなら大丈夫。

 

 

契約が完了すれば全銀システムの稼働時間拡大に、プロミスは対応しているので即日振込も可能だし、契約が完了すれば全国に多数ある自動契約機で即日カード発行できるので即日キャッシングも可能です。

 

学生の方でも運転免許さえあれば出先からでもスマホで免許をパシャリでメール送信すれば必要書類もOK。審査する方により必要な場合もあります。50万円を超える融資の希望、融資の希望額+他社ローンが100万円を超える場合は所得証明が必要

 

 

学生だからまだ免許持ってないよ・・・


 

そういった学生は、健康保険証+1点(住民票など)を用意しないといけませんので、何か住民票を用意する機会があった際に、スマホで画像を撮っておけばいざプロミスに申込むという時に役立ちます。

 

 

金利も実質年利4.5%〜17.8%と他社が最高金利実質年利18.0%なのに比べても低金利。今すぐお金が必要ならプロミスに申込むしかないですね。

プロミスの返済金額は残高スライド元利定額返済方式

プロミスの返済方式は残高スライド元利定額返済方式。しかし他のカードローンの残高スライド方式と違い返済額がスライドするのではなく返済率がスライドする仕組みになっています。

借入残高 返済額 返済回数
30万円以下 借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ) 〜36回
30万円超過〜100万円以下 借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ) 〜60回
100万円超過 借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ) 〜80回
返済例

 

このあたりの小額な無理のない返済額なので学生向けですが、余剰資金があるのであれば早目に返済していきましょう。随時返済も出来ますので元金の減少になります。

学生こそプロミスの返済シミュレーション活用しよう

 

返済計画を立てない人がなかなか完済ができないというケースを紹介しましょう。

 

プロミスの公式サイトなどには返済シミュレーションという機能がついています。新規申込のボタンのとなりに配置されているのですが、これを活用せずに申込む人は多いと思います。

 

 

予め、返済計画をたてている人であればそういったツールで自己診断する必要はないと思いますが、社会人としての経験も浅い学生は特に活用してほしいですね。

 

 

がしかし、返済計画の立てていない人や学生の心情というのはおそらく、資金使途の事ばかりで頭がいっぱいで返済の事は安易に考えているのではないでしょうか。


 

プロミスに限らずフリーキャッシングというものは融資限度額内であれば、何度も出入れ自由なので自由に使えるお金が増えたかのように錯覚してしまいがちです。そうなると、なかなか完済するまでに時間を要します。

 

 

私の知人で最初、旅行資金として利用したのですが、その利用した額を完済しない内にまだ融資限度額内まで達していなかったので次に家電の購入資金に利用していました。

 

その時の知人の心境を代弁すると、欲しいものがあると直ぐ手入れたい性格なので返済途中でも融資額に余裕があればついキャッシングしてしまうという心境です。

 

なかなか返済に関して計画を立てていない人の多くは完済してから再び利用しようという考えに辿り着くまでにはいかないと思います。


 

最悪の場合、返済に困り他社のカードローンも所持するようなパターンにおちいるのです。いわゆる、多重債務というやつです。多重債務になれば完済するのは半永久的に続いてしまいます。

 

せっかく、プロミスなどのサイトには返済シミュレーションなる機能があるので活用してしっかりと返済計画をたてましょう。

 

できれば、利用ごとに完済するように心がければカードローンは便利だと思います。上手に利用するならプロミスのフリーキャッシングで初回30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)を利用しましょう。

 

アルバイトやパートで収入を得ている場合でも定期的な収入があればカードローンの審査を受けることが出来るので学生や主婦の方でも尻込みせずに審査を受けてもらえればと思います。

 

 

しかし己の収入を脳裏に焼き付けて置かないと借りるのは簡単、お金を貰うだけですからついつい調子乗って借りすぎてしまうと支払いが出来なくなりおまとめローンで一本化しなくてはいけないようになりますが当然学生や主婦では審査が通りません。

 

そうなるとアコムマスターカードなどのクレジットカードのキャッシング枠などに手を出して更に状況は悪化しますので注意してください。学生・主婦は銀行のカードローンの審査は非常に厳しいですが、プロミスなら10万円の枠でカードローンを作ることが出来ます。

 

なのでやはり編集部の学生へのお勧めは初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)のあるプロミスですね。

プロミスの審査に学生が通らない理由

学生の審査でもまずは返済能力がなければならない

 

テレビのCMや新聞の広告などで幅広く宣伝されているプロミスですが、消費者金融業である以上はお金を貸し付けて、それで利益を得ているということになります。

 

プロミスなどのキャッシング業者が利益を得るための仕組みとのひとつが貸し付けた融資額に対する利息なのですが、当然ながらお金を貸し付ける以上はそうした利息も含めて貸したお金を返してもらう必要があります。

 

 

これを一般的には「返済能力」といいますが、プロミスではこの返済能力を確認するために審査を行います。


 

プロミスに限ったことではありませんが、お金を貸し付けるにあたり、返済能力の有無を確認せずに融資をするという場合はありません。

 

 

なので学生の場合も、アルバイトなどで安定収入があり、返済能力を認められなければ、プロミスに限らずカードローンでの審査には通りません。


 

プロミスの審査では、こうした返済能力を確認したうえで融資額を決定しますが、中には審査が通らない場合も十分考えられます。なお、審査が通らずに融資を受けられなかった場合、プロミスではその理由については説明されません。

 

もちろん理由があってプロミスでは融資をしないと判断しているのですが、その本当の理由については推測するしかないというのが現状です。

学生の場合収入が少ないので他社借入があると厳しい

 

 

類推される理由として考えられるのが、他社から既に借入を受けている場合です。


 

数万円程度であれば問題はないかもしれませんが、既に数十万、数百万という債務を背負っている状態で融資を申し込まれた場合、特に学生の場合収入が少ないので他社借入があるとプロミスでなくても審査が慎重になるのは当然でしょう。

 

また、実際には他社からの借入がある場合でも、そのことを秘密にしたうえで融資を申し込んだ場合も、審査がマイナスに働く要因と考えることができます。

 

 

キャッシングは、プロミスと利用者双方の信用のもと結ばれる契約なので、その申込の段階でいきなり虚偽の申告があったのでは信用できないと判断されても仕方がありません。


 

なお、こうした借入状況は金融機関内で情報が共有されているため、虚偽の申告をしても必ずばれてしまいます。これは、勤務先や年収などについても同様のことがいえますので、審査の申込には虚偽の申告はせずに本当のことを伝えるようにしましょう。

page top