レイクALSA学生

消費者金融のカードローンに変わったレイクALSAは学生でも申込めるのか?

 

新生銀行カードローンは消費者金融のレイクALSAに以降して学生に対する申し込みはどうか?

もともと消費者金融であったレイクは新生銀行に買収され、総量規制を逃れるため新生銀行のカードローン『レイク』として顧客を獲得してきました。

 

しかし2017年頃からの自己破産者増加による金融庁の銀行カードローンの規制により、銀行カードローンが不利になるとグループの新生フィナンシャルのカードローン『レイクALSA』として生まれ変わりさせました。

 

消費者金融のカードローン『レイクALSA』になったことで学生への対応はというと、

 

 

  • 年齢20歳以上であること
  • アルバイトで安定収入があること

 

この二点の条件は新生銀行カードローンレイクの時とは変わりありません。

では学生はレイクALSAを選べばいいのか?

前述の金融庁の規制により、銀行カードローンの審査基準は厳しくなり、申込める範囲も狭くなりました。レイクが消費者金融のレイクALSAに生まれ変わった理由の一つでもあります。

 

 

ですので審査面からしても、学生に最適なのは消費者金融ということになります。


 

ではレイクALSAは消費者金融のカードローンだから学生向きかと言えばそれは早計です。収入の少ない学生ですから、しっかり利息が少なくなるようにカードローンを選ばなければなりません。

 

まず金利で比較してみると、レイクALSAを含む大手消費者金融で、一番低金利なのがプロミスです。

大手消費者金融スペック一覧
借入可能額 金利
プロミス 最高500万円 実質年率4.5%〜17.8%
レイクALSA 最高500万円 実質年率4.5%〜18.0%
アコム 最高800万円 実質年率3.0%〜18.0%
SMBCモビット 最高800万円 実質年率3.0%〜18.0%
アイフル 最高800万円 実質年率3.0%〜18.0%

 

 

あれ?金利を見るとアコム・SMBCモビット・アイフルが低いんじゃないの?


 

という各社の金利の見せ方に引っかかってしまう方も多いですが、この三社の最低金利である年3.0%とは、最高借入可能額の800万円の枠の場合のみ適用されます。

 

消費者金融は総量規制がありますので、800万円もの借入枠を出してもらうには最低でも年収2,400万円は必要です。アルバイトの学生ともなると、年収は100万から下の場合が多いでしょうから借入枠は出ても10万円〜30万円ってところでしょう。

 

 

ですので学生の場合に関わらず、大抵はカードローンでの最初の適用金利は最高金利になります。プロミスの場合は実質年率17.8%で、レイクALSAをはじめとするカードローンは実質年率18.0%と高くなっています。


 

更に利息に関わる部分として、無利息サービスがあるか否かという事が、学生にとっては重要となります。

 

上記の大手消費者金融のカードローンの中で、SMBCモビット以外は全て無利息サービスを備えています。ただ無利息サービスの開始期間が大きな違いを生んでいます

 

 

プロミスの無利息サービスは初回借入の翌日からカウントされるので、無利息期間を余すことなく利用できますが、レイクALSAを含むその他のカードローンは、契約日の翌日からカウントされるので、借りる日が遅くなればなるほど無利息期間は減っていきます


 

以上の結果から、レイクALSAが学生に最適なカードローンかどうかは一目瞭然ですね。

学生に最適なカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

学生がカードローンを利用するなら銀行よりもレイクALSAをはじめとする消費者金融

 

学生といえばとかくお金がないものです。でも時間はいっぱいありますので、その時間を有意義に過ごすためにもお金が必要、でもお金がない・・・。そんな場合に便利なのがレイクALSAをはじめとする消費者金融などを利用してのカードローンです。

 

 

まだ社会人でもない学生がカードローンを利用できるの?


 

と意外に思われるかもしれませんが、実は学生を融資対象としている業者は非常にたくさんあります。中でも学生カードローンで人気があるのは、やはりプロミスやレイクALSAといった消費者金融業者でしょう。こうした業者は銀行と異なり、

 

 

学生向けのカードローンを比較的早い段階から行ってきた実績とノウハウを持っています


 

ので学生でも安心して利用することができます。ここで注意したいのが、カードローンを利用するのであればレイクALSAやプロミス・アコムなどの知名度の高い業者を選ぶ、という点です。

 

名前こそカードローンではありますが、「お金を借りる」という事実に違いはありませんので、そのためにはできるだけ安心できるところを利用するのが学生の場合は特に重要となります。安心という意味では銀行のカードローンを利用するというのもひとつの方法ですが、

 

 

銀行によっては学生向けに融資を行っていないところも一部にはあります


 

ので、確実性を考えればやはり消費者金融でのカードローンということになります。知名度が高い業者というのは、それだけ多くの人がそこを利用しているということでもありますので、学生という立場から考えればやはり安心です。

 

また、消費者金融の場合であれば基本的に即日融資対応ですので、すぐにお金を借りたい、できるだけ早くお金を用意したい、というニーズにも十分応えることができます。こうした点も消費者金融がお金を借りる学生に高い人気がある理由といえます。

 

もちろん消費者金融のすべてが学生を融資の対象としているわけではありませんし、状況によっては融資が受けられない可能性も十分考えられますが、それでも学生がカードローンを利用するのであればやはり銀行よりもレイクALSAやプロミスなどの消費者金融の方が利用しやすいといえるでしょう。

page top